2017年06月29日

手仕事の会、はじめます

シンジアンで手仕事の会をはじめます

19575085_1797534583595657_9133220950466611619_o.jpg


先日、何人かであつまって梅仕事の会をしたら
はじめましての方も、お久しぶりの方も
作業をしながら 色々な話をして
とても楽しく心地よかったのです
 
女は昔からこうして輪になって
手仕事をしながら おしゃべりしながら
日々生活していたのかなと ふと思ったのです

人と人が出会う場に
そして何かが産み出される場に
なっていけたら嬉しいです
 
まずはこんなイベントをします
 
7/14てぬぐいでつくるコドモパンツ
▼イベントページ
https://www.facebook.com/events/1138679352943086/?acontext=%7B%22action_history%22%3A%22%5B%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22page%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22page_upcoming_events_card%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A%5B%5D%7D%5D%22%2C%22has_source%22%3Atrue%7D

▼手仕事の会@京都・心耳庵
https://www.facebook.com/手仕事の会京都心耳庵-108001203164605/
posted by   at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

初夏の庭

心耳庵の庭ノート

ドクダミ、ユキノシタ、ハーブいろいろ

イチヂクが青々とした大きな葉

トマトにパッションフルーツ

シソにバジルに

梅雨に入ると雨の恵みでどんどん大きくなります

施術に来られた際にぜひゆっくり眺めていってください

18893184_1767008106648305_204913796140358328_n.jpg


18835697_1767008089981640_2382268288656440338_n.jpg
posted by   at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

東洋医学と養生の会 3月

毎月、第4日曜日に開催しています、『東洋医学と養生の会』


次回(3月26日)はスペシャル編です。

場所は、京都から大原に抜ける道の入口あたりにある、栖賢寺(せいけんじ)。

住所: 京都市左京区上高野水車町20

対象: 鍼灸師、一般の方、お子様連れでも可能です

参加費:1000円

お申し込み:心耳庵までお電話かメールにてお知らせください


スケジュール予定は下記の通りです

10:00 坐禅体験

12:30 昼食(昼食はお持ちください)

13:00 養生の話

14:00 治療体験

16:00 終了

一般の方のご参加もお待ちしています。

01.JPG


02.JPG


03.JPG


04.JPG


06.JPG

posted by   at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

2016年12月オテントマーケットありがとう

2016年12月オテントマーケットありがとう

おいしいもの、うれしいもの、集まりました

こどももおとなも
ほこほこ
わいわい
にこにこ

みんな幸せな空気に包まれていました

出店のみなさん
来てくださったみなさん
ありがとうございました

また次回、お会いしましょう

201612オテント01.JPG


201612オテント03.JPG


201612オテント16.JPG


201612オテント17.JPG


201612オテント19.JPG


201612オテント10.jpg


201612オテント15.JPG

posted by   at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

Baby Shiatsu教室 赤ちゃんとお母さんに伝えたいこと。

自然療法士・松本美紀さんのBaby Shiatsu教室

三つ子の魂百までというように 
人生の最初の数年が 
わたしたちの基礎を作り上げるということは 
よく知られます

生後1年までに身につける愛着や感覚は、
その後の人生の土台となり 
赤ちゃんは世界を信頼し、
自己を肯定することができるのです

この時期の 赤ちゃんとお母さんに
お伝えたいしたいことが たくさんあります


◎参加された方の感想

・悩んでたこと(反り返り、ゲップ)が、教えていただいた抱き方で、
とても改善されたので嬉しかった。
コミュニケーションの幅が広がった。

・ハイハイのバランスに不安を感じていたので、
解消法・アプローチ方を教えて頂けてよかったです。
家での指圧を試してみると、とても気持ちよさそうにリラックスし笑っていて、
親子のスキンシップにも良いと感じています。
発達について学べたことも、
今だからこそアプローチできる促しも
教えていただけてありがたいです。指圧って深い!

・楽しかったです。
他のお母さんやお子様に触れることができて、
自分にとっても刺激になりました

・出産後の様子が全然想像つかなかったので、
お腹にいるうちに習っておきたいなと思い受講しました。
4回という週1ペースも、ちょうど参加しやすかったです。
先輩ママ達の様子や赤ちゃんとの接し方を自然に見せてもらえたのも、
すごく身になりました。
赤ちゃんのお世話も楽しみです

・ママさんと同世代のこどもたちに会えて、
つながれて嬉しかったです。
我が子とのスキンシップの手技がレベルアップしたようで、
これからどんどん活用します。
大切な話がたくさん聞けて不安もなくなりました。



ぜひご参加ください。

11月の開催予定はコチラ→◎


DSC08258.JPG


dsc07858.jpg

posted by   at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

12/17-18 オテントマーケットたくさんの方にありがとう

2015/12/17-18
心耳庵にてオテントマーケットを開催しました。
たくさんの方・子どもさんたちも来てくださって、とっても賑やかなイベントになりました!

おいしいものや贈り物など、たくさん並んで幸せな時間でした〜
ありがとうございました〜

楽健法・養生とお灸・自然療法のお手当・母乳育児のお話の講座にもたくさんご参加いただきました。
「ためになりました」「また開催して欲しいです」などのご感想もありましたので、次回もご期待ください!

ちなみにオテントマーケットは不定期開催です。
FacebookやHPでご案内しますね。
またお会いしましょう〜。

Otento Market にご参加のみなさん
出店者さん・講師のみなさん
ありがとうございました!

IMG_2613.JPG


IMG_2602.JPG


IMG_2605.JPG


IMG_2603.JPG


IMG_2606.JPG


IMG_2607.JPG


IMG_2620.JPG


IMG_2618.JPG


IMG_2597.JPG



posted by   at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

7月出張お灸講座

7月某日

自主保育の集まり、「わっかのお家」の皆さんのご希望で
お灸講座の出張をさせていただきました

○東洋医学のからだ観
○もぐさのお話
○ツボとからだの流れについて
○お灸をやってみよう…冷え改善・月経改善・慢性疲労・イライラや精神安定

それぞれの困っていることをお聞きしたり、、、
お話ししているうちに、布ナプキンや冷えとり法など
色々な情報を共有できたのも少人数での講座の醍醐味でした



●からだのことって知ると面白い
●ツボと流れのことがわかってなるほどと思いました
●実際にお灸をたくさん試せたので良かったです


などのご感想をいただきました。



今回お声かけくださったわっかのお家のメンバーの方が、お灸に因んでよもぎクッキーを作ってくださいました
(お灸に使われている「もぐさ」は「よもぎ」からできています)

みなさん、ありがとう。

7月.jpg
posted by   at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

6/15お灸講座「食養生とお灸」

 6月15日(月)、第三回お灸講座を開催しました。参加者のリクエストによりテーマは「食養生とお灸」。
 
1)風邪を引いたり、調子が悪いなという時、皆さんはどうされますか。

栄養のある物をしっかり食べて・・・というのと正反対で、しばらく断食してみるというのはいかがでしょうか。

からだが調子を取り戻すことに専念できるように、消化吸収の仕事はお休みさせてあげるという発想です。

栄養のある物をしっかり食べてというのは、病気の背景に栄養失調があった時代の対処法ではないかと思います。

2)食養生の話なのに、いきなり断食の話から始まりました。

次にお話したのは、何を食べるかよりも、食べすぎないことが大切ということ。

禅宗では食事の前に唱えるお経の中で、
「目の前にあるこの食事を頂くだけの働きを、今日私はしただろうか」
という趣旨の言葉が出てきます。

また江戸時代のある観相家は、
「己れの分際を越えて食べ過ぎれば、どんなに良い人相の持ち主でも災いに遭う」
という意味のことを述べています。

命を頂くという行為が食の本質の一つですから、自分に必要な分限を越えて他者の命をもらおうとすると、様々な問題が生じるのも不思議ではないという気もします。

3)以上を踏まえた上で、日本列島に生きた先人たちが食養生のポイントとして残した言葉を拾っていくと、

・玄米、緑黄色野菜、イモ類、海藻、大豆を毎日少しでも食事に入れること(地産地消と言われるが、山村でも長寿の所は交易で海藻を入手し沢山食べていた)。

・春は苦味(山菜など)、夏は酸味(梅干し、酢の物など)、秋は辛味、冬は油脂(動物性のものなど)。

・肉体労働者は肉食を多く、非肉体労働者は肉食を少なく。

・魚は切り身より小魚を。


等々、特別目新しいことはないかもしれません。

逆に言うと、体調・体質に合わせて細かく食べる品目をコントロールするという発想自体、それだけ豊富な品目が手に入る昔の中国皇帝・貴族のような状況にないと、実現が難しかったのかもしれません。

そしてまた、そこまでしなくとも、老いてなお身体が動いて働き続けられるような状態を維持することは可能、ということではないかと思います。

4)薬膳などの本に出てくる五味の表(肝・酸/心・苦/脾・甘/肺・辛/腎・鹹)はどのような体験に基づいて出てきたのか、どのように運用すれば良いのか、この表は本当に事実に即しているのか、参加者の方と実験してみました。

 まず参加者の方に自分の胸とお腹を押してもらって、痛い所を見つけます。胸骨の上あたりと、おヘソの左横の腹筋のあたりが、押すと痛いようです。

 さて、予め用意した五つの味(酸:米酢/苦:緑茶の葉/甘:黒砂糖/辛:黒胡椒/鹹:天然塩)のうちの一つを片手の平に乗せ、もう片方の手で先程痛かった所を押してみます。

 胸の痛みについて。胸ということで「心」と関係があるかと考え、「心」と対応する苦味の緑茶葉を手にのせると・・・痛みが強くなった!

 それでは経絡の流注のルートで考えて、腎経のライン上に痛みがあるので、「腎」と対応する鹹(=塩辛い)味の天然塩を手に乗せると・・・少し痛みが減る。

 次に何気なく黒砂糖を手に乗せると・・・痛みが消えた!

 こんな感じで左腹の圧痛についても実験しました。

 正直に言って、なぜこのような結果が出るのか、理路整然とした説明はまだ出来ません。

ともかく甘味で胸痛が消えたということで、甘味と関係する脾経のツボにお灸をすえてもらいました(お灸のすえ方は一から全てお教えします)。
するとやはりよく効きます。

 五味がからだに及ぼす作用について、本に書いてあることを鵜呑みにせず、一緒に実験的に検証してみたいという方、大募集中です。

5)最後に、食養生というと、食を体を良くするための「手段」として捉えてしまいがちですが、
「体に良い物をと考えて食べていたはずなのに、ちっとも体が良くならず、あるきっかけでそれらの食べ物に対する感謝の気持ちが出てくるようになると、同じ物を食べているのに、どんどん体が良くなっていった」
という体験談を紹介しました。

食べるという事は本当に奥が深いと言わざるをえません。

 次回のお灸講座は7月15日(水)10時〜12時に開催予定です。お申込みお待ちしております。
posted by   at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

5/26Otento Market ありがとうございました

5/26オテントマーケット
暑い中 ご来場いただきありがとうございました

おいしいもの
からだにいいもの
きもちいいこと

というテーマで
素敵な出店者さんに 集っていただきました


助産師の宮川さんの 相談コーナーで
お話したり体重を測ったり
02.jpg



sissiの野々海くんの 帆布バッグは素敵な展示に
03.jpg


トナリ木工さんの 素敵なカトラリーは
自分用にもプレゼントにも いつも人気です
04.jpg


たま茶さんの 雪肌美人のいちごスカッシュは おいしかった〜◎
05.jpg


アぺリラさんは いつもすぐに売り切れ、、、こんな写真ですみません、、、
06.jpg


虹色パンダさんの 種類豊富なケーキにクッキー
07.jpg


ゆるマクロビ屋台naturemianさんのお弁当は 美味しいと評判でした
08.jpg


bizou'sortir'さんの前髪カットには たくさんの笑顔
11.jpg



楽健法・オイルトリートメント・鍼灸のブースも大盛況でした

無農薬の野菜でおなじみヒカリヤさんの娘(1歳)と心耳庵の娘(2歳)が 大人には通じないおしゃべりしていました

09.jpg


01.jpg


10.jpg


次回の開催も どうぞお楽しみに◎
posted by   at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

変化を感じてもらいました

5月15日 10時よりお灸講座を開催しました。


今回は 参加者の方のお腹と背中を詳しく探り
どこが冷えていて どこが熱いのか
どこが硬く どこが張っているのか
等々を確認しお腹と背中の図を描いてみました。


その上で 参加者の方の悩んでおられる症状と関連づけて
お腹と背中の図を解釈し どこにお灸をすべきか考えていきました。


そしてお灸の実践です。



もぐさを捻り つまんで 皮膚に乗せ 線香で火を着け
途中の気持ちがいいところで消す。

何回もやっていると だんだん上手になってきます。

お灸は自分でやっていて楽しくなってくるから不思議です。

練習も兼ねてかなりの数のお灸をすえた後 再びお腹と背中を確認してみると
冷たかったところが温まり
硬かったところが軟らかくなっていました。

からだはかなり変化したので 後日 様々な反応が起こる可能性があります。



便が大量に出たり 下痢をしたり 尿がよく出たり。

あるいは一時的に熱が出たり 吐いたり 頭痛がしたり 皮膚症状が出たり 等々。



その人のからだが良くなっていこうとする時にくぐり抜ける 細く暗い小さなトンネルのようなものです。



数日もすれば 身も心も軽くなっていることに気付くことが多いです。


次回の開催は6/15。
テーマは未定です
参加希望の方のリクエスト 募集しています。

DSC_0422.JPG


少ししおれ気味だった イチジクの木が 鍼治療で元気になってきました。
人も植物も同じですね。

posted by   at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする